続々登場する新しいWEBサービス

今はインターネットが発達して来たために様々な仕事が生み出されてきました。

WEBデザイナーの仕事とは

続々登場する新しいWEBサービス 今はインターネットが発達して来たために様々な仕事が生み出されてきました。WEBデザイナーもその一つであります。WEBデザイナーという言葉はよく聞くけれど、実際にどのような仕事をするのか、或いは一人で仕事をするのかなど意外と知られていないことも多いのではないでしょうか。

まずWEBデザイナーとは、文字通りWEBサイトのデザインを行う仕事のことを指します。デザイナーと言っても単に見栄えが良いものを作ればよいというわけではありません。サイトを訪れた人にとって使い勝手の良いデザインに仕上げる必要があります。またサイトのコンセプトや目的に適したデザインをする必要もあります。WEB制作会社に勤めている場合は、すべて一人で作るのでなくチームの中でデザインを担当します。

実際にWEBデザイナーが担当する具体的な内容を挙げてみると様々なものがあります。例えば、全体ページのイメージを作る仕事があります。そして全体のイメージをもとにして、HTMLやCSSといったコーティングを行う作業もあります。そしてサイト内で使われる写真やロゴやバナーといったパーツの作成も行います。またアニメーションなどの動的なオブジェクトの作成も行うことがあります。このように一口にWEBデザイナーと言っても仕事内容は多岐にわたります。

おすすめ情報

Copyright (C)2019続々登場する新しいWEBサービス.All rights reserved.